お役立ち!インクジェット印刷ガイド

HOME > インクジェットの印刷情報 > 迷ってしまうのがインクジェットプリンターのメーカーです

迷ってしまうのがインクジェットプリンターのメーカーです

 年末年始には年賀状、そして暑い夏には暑中見舞いと、日本人は、何かと気配りをする民族です。
写真印刷や簡単なコピーが手軽にできるのは、やはり、インクジェットプリンターではないでしょうか。
最近ではインクジェットプリンターの複合機として、コピー機能が合体しているような機種も販売されています。
インクジェットプリンターを利用して印刷を行う場合、一番大切なことは、印刷の出来栄えです。
写真が美しく仕上がることは一番大切な条件ですが、文字の美しさも、無視することができない重要な要素です。
インクジェットプリンタープリンターの複合機を販売している、有名な会社を3社だけ、あげるとすれば、それは簡単です。
すなわちキャノン、エプソン、それからブラザーの三社です。
インクジェットプリンターを購入する場合には、これら三社の中から選べば、間違いのないところです。

 もう少し話を先に進めます。
もしもこれら三社の中から、二社だけ選ぶとすれば、どの会社を選択すればよいのでしょうか。
これは、インクジェットプリンターを使う側の、人それぞれであるということができます。
もしも、どうしても二社だけ選ぶとすれば、キャノンとエプソンではないでしょうか。
キャノンとエプソンはインクジェットプリンターにかかわらず、プリンター制作の老舗です。
これら二社は、日本を代表するプリンター製造会社ですが、それぞれ特徴を持っています。
まずは、キャノンのインクジェットプリンターです。
キャノンのインクジェットプリンターの大きな特徴は、写真印刷も文字印刷も、どちらもバランスよく印刷できるということです。
カラー印刷に使われている色は、4色ではなくて6色ハイブリッドインクが使われています。

 つぎに、もうひとつのインクジェットプリンター制作の老舗であるエプソンです。
エプソンが世に送り出すインクジェットプリンターの大きな特徴は、印刷される写真の美しさにあります。
写真印刷に限ってみれば、日本一の品質をしているということもできます。
エプソンのインクジェットプリンターのカラー印刷は、キャノンと同じ6色のインクが採用されています。
キヤノンの6色インクとは異なり、その色の組み合わせが、微妙に違ってきています。
これは、写真印刷の出来栄えを第一に考えてのことではないかと推察できます。
粒状感がなく、明るく自然な仕上がりの写真を求めるのであれば、日本では、やはりエプソンではないでしょうか。
またエプソンでは、大容量のエコタンクを採用し、印刷コストを大幅に下げることができます。
ラインナップが充実しており、多様な製品の中から選べるのも、エプソンの大きな特徴です。

次の記事へ

カテゴリー