お役立ち!インクジェット印刷ガイド

HOME > インクジェットの印刷情報 > 家庭用として普及しているインクジェットプリンター

家庭用として普及しているインクジェットプリンター

 自宅で手軽にコピーが出来るプリンターが多数販売されていますが、そのほとんどはインクジェットプリンターと呼ばれるものです。
インクジェットプリンターの特徴としては、粒子を用いて印刷する方法である事が挙げられます。
仕組みとしては、インクを噴出するための小さな穴が空いており、そこから粒子を用紙に吹き出していくというものです。
短期間で仕上がりの良い印刷が出来ることから、家庭のみならず自費で冊子を作る際に利用する方の多い印刷会社でも導入するところが増えています。
また、少数の印刷が可能なので発行部数が少ない場合には、オフセット印刷で依頼するよりも向いていると言えます。
大きなサイズの印刷を行うのであれば印刷会社に依頼するようになりますが、ある程度のサイズのものなら家庭用のプリンターでも刷る事が可能です。

 一般家庭で印刷を行う機会としては、自分の書いた文章やイラストのコピーなどの他にも、写真の印刷などが挙げられます。
特にハガキに写真を印刷したいのであれば、インクジェット用のハガキを使用するのがオススメです。
専用の用紙を使用すると、普通のハガキに写真を印刷するよりもインクが綺麗に出やすくなり好評です。
必要な数が多い場合には写真専門店や印刷会社に写真つきハガキの印刷を依頼する方法もあります。
枚数が少ないものの印刷であれば、家庭用のインクジェットプリンターと専用のハガキを用いて自分での印刷に挑戦する事が出来ます。
もちろん、ハガキ用だけではなく自分用や家庭で保管するための写真印刷もインクジェットプリンターで行う事が可能です。
写真を撮ったその日のうちに、自宅でのんびりとプリントをする事も出来ます。

 デジカメやスマートフォンなどで写真を撮った場合には、パソコンを介さなくても直接データをWi-Fiで転送出来る機種が増えており人気です。
この機能をスマートフォンを使用する場合は、各インクジェットプリンターのメーカーから配布されているアプリを用いる事で、簡単に使用する事が出来ます。
写真を印刷出来る場所が近くにないという場合でも、家庭用のインクジェットプリンターがあればすぐに写真を手元に残せるため好評です。
また、デジカメが自宅のインクジェットプリンターと連動可能な機種であれば、すぐに撮った写真のデータを直接的にプリンターに送る事が出来ます。
Wi-Fiを用いたデータのやりとりを希望する場合には、あらかじめ連動可能な機種であるかを確認して購入すると手間がかからず安心です。

次の記事へ

カテゴリー