お役立ち!インクジェット印刷ガイド

HOME > インクジェットの印刷情報 > 家庭で使うのに適したインクジェットプリンター

家庭で使うのに適したインクジェットプリンター

 家庭で使っているプリンターの多くは、インクカートリッジを利用して印刷するインクジェットタイプです。
プリンターそのものの価格が安いことと、家庭で使うにはコンパクトなため、多くのメーカーが販売しています。
インクの形状は、ブラックとカラーという2種類を使うタイプもあれば、カラーに関してはさまざまな色のカートリッジを装填し、より複雑な色合いの表現が可能なタイプもあります。
安価なプリンターであれば、たいていブラックと、3色の色を混ぜて作ったカラー用カートリッジの2つをセットして使います。
写真印刷をすることがなかったり、カラーの色に高度な美しさを求めないという場合は、3色をひとまとめにしたカラーインクカートリッジを使うタイプのプリンターで、十分きれいな色が印刷できます。

 カラーインクカートリッジをより細かく分けてセットできるタイプのプリンターですと、減ってきた色だけを交換できるというメリットがあります。
カラー印刷をする場合、ひとつのカートリッジの中にまとめてインクが含まれるタイプは、どうしても特定の色のインクが減ってしまい、残ったインクで印刷してしまうケースがあります。
これはインクが均等に減っていかないためで、本来印刷されてくるはずの色にならなかった場合、他の色がまだ残っていて、カートリッジにインクがあるとプリンターが認識していても交換しないといけません。
それに比べて多種類のインクカートリッジを装填してカラー印刷を行うインクジェットプリンターなら、減った色だけをピンポイントに交換して使うことができます。
汎用性の高いメーカーなら正規品ではない安価な汎用インクカートリッジも販売されているため、インク代を抑えることも可能です。

 写真を自宅で印刷したり、ポストカードや名刺を作ったりと、カラーインクを多く使ってプリントする機会が多い人は、家庭用のインクジェットプリンターの中でも、カラーインクカートリッジを多数装填できるタイプがおススメです。
カラーインクの数が多ければ多いほど、微妙な色合いまで表現でき、写真が特に美しく印刷できます。
昨今、家庭用インクジェットプリンターの価格が下がってきていますので、ブラック一色だけで動くタイプはほとんどありません。
モノクロ印刷だけでカラーインクはいらないという場合でも、実際にはカラーインクも使って印刷しているからです。
ただ、プリンターによっては設定を変えれば、ブラックインクだけで印刷可能なものもあります。
その場合も、カラであってもカラーインクのカートリッジは付けておく必要がありますので、モノクロ印刷派は注意が必要です。

次の記事へ

カテゴリー