現代住宅に調和するモダン仏壇の選び方

少子高齢化や核家族化といった家族構成の変化や、住宅の狭小化や和室を持たない自宅の増加など住宅事情の変化から、従来のように重厚で豪華絢爛な仏壇を配置するのが難しい家庭が増えてきました。とはいえ大切な亡き人は、長く思い出とともに丁寧に拝んでいきたいものですね。そこで最近では、モダン仏壇を選ぶ人がとても増えています。モダン仏壇とは「家具調仏壇」や「都市型仏壇」とも呼ばれる新しい仏壇のこと。洋風の家屋やマンションなどが増えた昨今、そのインテリア性に溶け込むよう工夫したデザインが特徴で、お洒落で手軽、そして置く場所を選ばないテイストが受けています。人の死というものは、意外と突然訪れるもの。転ばぬ先の杖として、日頃から仏壇について見ておくのが実は仏壇選びに成功する最大の秘訣なんですよ。

モダン仏壇のバリエーションを見てみよう

今や多種多様なデザインやサイズが揃ったモダン仏壇。あまりにもバラエティに富んでいて、目移りしてしまうかもしれませんね。まずはどんな仏壇のスタイルがあるのかを手っ取り早くしるためにも、インターネットで「モダン仏壇」と検索してみてください。ブランドものの超高級家具調仏壇から、シンプルでリーズナブルな仏壇まで、幅広いニーズに沿った品揃えがあることが分かります。従来の仏壇は存在感が大きく、新しく家を買うときにも仏間を設けたり、仏壇が映えるよう安置場所を事前に考えたりしたものですが、現代は機能的な暮らしを考えた設計が多く、仏壇のスペースまではとっていない住宅も数多くあります。その点家具調のモダン仏壇なら、文字通り家具のような感覚で気軽に配置ができるのがうれしいですね。小型のものなら30cm程度のサイズから、そして素材も明るい色から暗い色まで揃っています。

ちょっとユニークなモダン仏壇もあります

自由なデザイン性が楽しめるのもモダン仏壇のいいところ。故人や家族の趣向を盛り込めば、居室のよきアクセントとなり、おうちのインテリア性がぐっと高まることもありますよ。とことんシンプルで場所を取らず、オブジェのような感覚でおけるのが「家族供養具」というスタイル。漆塗りや金箔、絹や和紙といった素材を組み合わせた意匠性の高い棒状の台に、お骨や遺灰を収める箱を組み合わせています。位牌の進化形のような形となっており、戒名だけでなく生前の名前となる俗名を書き込むことも可能な、新しい供養の形です。さらに、壁掛けタイプの仏壇というのも登場しています。壁に穴をあけずにすむ設計で、薄型で場所を取らないから狭小住宅やマンションにもぴったり。一人暮らしのワンルームマンションや賃貸住宅でも安心して使えるのがうれしいですね。