シンプルかつおしゃれなモダン仏壇のおすすめ

今、自分の家に仏壇があるという方はどれくらいいるでしょうか。ほとんどの方が、実家にはあっても自分が住んでいる家には仏壇は置いていないと答えるのではないでしょうか。その理由には様々なものがあると思います。核家族化やマンション、団地などの集合住宅に住んでいて置くスペースがない。また、畳の部屋やなく洋室しかない家屋が増えたことなどが挙げられます。そんな日本の住宅事情に合わせた、シンプル且つオシャレなモダン仏壇が販売され始めています。仏壇・仏具のお店に足を運ぶことは少ないかとは思いますが、一度覗いてみれば、以前の格調高い雰囲気と少し違ったり、まるで家具屋を訪れたかのような気になる方も多いと思います。仏壇は実家にあるものという概念を捨て、一度お店を訪れてみるのもいいでしょう。

仏壇とは何のために?モダン仏壇は必要なのか

現在の住宅事情に合ったモダン仏壇があるのはわかったけれど、仏壇は必要なのか、と疑問を持たれる方も多いと思います。では、そもそも仏壇とは元々のルーツはお寺にあり、裕福な一部の貴族が、菩提寺を持って先祖を敬い、供養をするようになりました。その後、自宅でも先祖にお参りができるようにと、仏壇を建具として造り付けるようになり、江戸時代後期には箱型の仏壇が登場しました。そして明治以降には一般の家庭でも仏壇を置く家庭が増え、普及していきました。しかし、今の日本では、住宅事情の他に、宗教を信仰しない人も多く、仏壇の必要性を感じる人が減っているとも言えます。しかし、ご先祖だけでなく、愛する身近な家族が亡くなった時、その人を身近に感じ供養できる仏壇があるのはいいことなのではないでしょうか。

進化した仏壇でもあるモダン仏壇

現在の住宅事情に合わせたお仏壇と以前のお仏壇とではどのような違いがあるのかですが、モダン仏壇と呼ばれることが多い現在のお仏壇は、現在の家庭におけるインテリア事情に合わせて変化しています。例えば、テレビなどがわかりやすい例ではないでしょうか。現在のテレビは、薄型になっています。ブラウン管から液晶などに移っていったテレビは薄く、それに合わせてテレビボードも薄くなってきました。また他の家具も、住宅事情から奥行が浅くなっているものも多く、昔ながらの仏壇では、設置すると飛び出してしまうことになります。そこで、最近のモダン仏壇は、薄くなってきており、扉を開いても収納できるなど、進化してきたとも言えます。現在の住宅に合うモダン仏壇を自宅にも置いて、先祖供養を自宅でも行えるよう、一度お店に足を運んでみるのもいいでしょう。