お役立ち!インクジェット印刷ガイド

インクジェット印刷とサービスの比較に注目です

thumbnail印刷技術の高い業者に依頼する事で、きれいな印刷で必要な資料を揃える事ができ、安心感を持てます。パンフレットの制作や名刺印刷など、こだわって作りたい物がある時に、印刷のプロに相談をする事で、仕上がりに満足できます。

インクジェットやレーザープリンターなど、印刷の仕方にもこだわって、きれいな色に満足できるように、サービスを見つける事も重要です。このサイトでは、印刷に関する基礎知識を身につけられる情報を発信するだけではなく、おすすめのサービスも紹介しています。

低価格で品質の高い印刷サービスを紹介したり、丁寧な対応にも満足できる業者を見つけられるように、比較を進めたい方は、サイトをぜひチェックしてみてください。印刷サービスを利用することが初めての方も、それぞれのサービスの特徴がしっかりと理解できる内容のサイトになっています。

インクジェットハウス

公式サイトはこちら

インクジェットハウスは看板、垂れ幕やのぼりなど、インクジェット印刷物を通信販売方式で販売している会社です。印刷機械はもちろん、素材にもこだわりがあります。自社で耐久テストを実施していますので、安心して使用する事が出来ます。

納期が早いことにも特徴があります。粘着シートなど100平方メートルまでの商品でしたら、15時までの入稿で翌営業日に発送されます。ターポリン、布など100平方メートルまでの商品で、15時までの入稿で翌々営業日の発送ですので、急に商品が必要になった場合にも対応してくれます。

インクジェットハウスは、注文から印刷、発送までは自社で一貫して行っています。そのため、低コストと納期の短縮を実現しています。通信販売方式なので、金額を明記しわかりやすい価格票を作成してくれるので、予算検討もスムーズに行う事が出来ます。

プリスタ。

公式サイトはこちら

名刺の印刷はプリスタ。に発注しましょう。こちらでは名刺100枚で140円からという業界最安値なところがおすすめです。誰でも費用が安い方が断然お得に感じられることでしょう。また、超特急で仕上げたいという人にもおすすめです。最短で1時間仕上げも可能なのです。

それから、インクジェットにて印刷をすることができます。デザインも600種類以上と豊富です。自由に編集もできて簡単に作成ができるという点からも人気の業者と言えます。また、取り扱っている用紙の種類も豊富です。50種類以上となっています。和紙風や凹凸のあるもの、光沢のあるものというように、特殊な雰囲気を堪能したい場合には一風変わった用紙を利用してみましょう。

そして、最近は二つ折り名刺も人気です。ショップカードやスタンプカードとしても二つ折りタイプは利用しやすいので、利用目的に合わせて選んでみましょう。二つ折りタイプはスジイレ加工をすることになりますが、それでも3営業日発送可能でとても迅速です。

『プリスタ。』
激安名刺印刷!!100枚140円~。大阪市内なら当日お届け。用紙も豊富で高品質!

プリントビズ

公式サイトはこちら

プリントビズでインクジェット印刷を依頼する時は初めてでも注文できるようご利用ガイドがあり、事前に内容を確かめると便利です。注文方法はデータの入稿やオプションの使い方を確かめると好みに合わせてデザインを決め、目的に合わせて最適な内容に仕上がり安心できます。

プリントビズはオフセット印刷やオンデマンド印刷のほかサインノベルティ印刷があり、大部数から少部数まで対応できることが特徴です。最適な方法を決める時は見積もりや問い合わせをすると提案してもらえ、目的に合わせて最適な方法を探すと安心できます。

印刷した内容のデザインや文字が違っている時は修正サービスがあり、再利用できるため作り直す手間を省けます。データ作成サービスは印刷された作品に手を加えて見やすくなるようにでき、デザインアシストやクリエイトを使うと効果的です。

プリントコンシェル

公式サイトはこちら

プリントコンシェルは高品質・低価格を追求し、Webによる印刷通販を提供しています。オフセット・オンデマンドの2つの印刷形式に対応する事から、製作可能な印刷物の種類が多い事が特徴です。チラシやポスターといった定型のものから、無線綴じ冊子や立体形状となるPOPにまで対応し、何れも小ロットから大ロットまで幅広い冊数に対応しています。

各印刷物の種類においては、折加工等の様々なオプションを提供しています。フォームから様々な選択を行い情報を提供する事で、充実した仕上がりの印刷物を製作出来ます。こうした細やかなサービスを提供しつつ、通販ならではの低価格も実現されています。

印刷前には校正を行って、より良い仕上がりが追求出来る点もプリントコンシェルの強みです。校正の種類は実際の製作物に使用する印刷機・用紙を用いた形式と、インクジェットプリンターを使用した比較的簡易な形式の何れかを選ぶ事が出来ます。問われる精度や予算に応じた選択が可能です。

グラフィック

公式サイトはこちら

グラフィックでインクジェット印刷を依頼する時は部数に合わせて最適な方法を選べ、少なくても低価格になるため安心できます。大部数の時はオフセット印刷でスピーディーかつ大量に印刷でき、少なければオンデマンド印刷で短納期で価格が安くなるため効果的です。

かんたん見積もりは希望する部数や利用目的を決めて情報を入力すると内容を比較でき、PDFで発行・保管し、そのまま注文できます。印刷を依頼する時は料金が安くなる方法を探すと気軽にできるため、より多くのパターンを比較して決めると便利です。

グラフィックは販促物やポスターなど様々な目的に合わせて印刷を依頼でき、必要な枚数を確かめて注文すると役に立ちます。インクジェット印刷は見やすくなりますが、オプションで文字入力をするなど個性を出し内容をアピールできて効果的です。

印刷通販プリンパッ!

公式サイトはこちら

印刷通販プリンパッ!はインクジェット通販に定評があります。インクジェット印刷は安価での印刷を可能にして人気があります。印刷通販プリンパッ!は豊富なノウハウがあり、目的に合う印刷を確実に行ってくれます。

印刷通販プリンパッ!は確かな品質でのモノづくりに定評があり、オンデマンド印刷では最高峰の機器を使用します。オフセット印刷では熟練技術によって印刷を行います。最高機器と高い技術による印刷はとても人気があります。

印刷通販プリンパッ!は安心できる丁寧なサポートにも定評があります。注文方法やデータ作成法などに疑問がある時は、印刷通販プリンパッ!のスタッフに気楽に尋ねることができます。こうしたサポートによって、安心して印刷の依頼をすることができます。

インクジェットのプリンターと印刷用紙の関係を把握する

パソコンで作業した内容を印刷するためにはプリンターと印刷用紙の存在が必要ですが、プリンターと印刷用紙ともに市販で売られてる商品は何種類もありまして、どれがなんだかよくわからないままに使用して人も多数いらっしゃいます。まずプリンターではインクジェットやレーザーなどがあるし、インクも顔料と染料の2種類があります。さらに印刷用紙も普通紙とインクジェット紙などややこしいことこの上ありません。そのため使う前にはこれらの違いをある程度把握することが大事です。まずプリンターでは家庭用として使用するのはインクジェット式が大半で、レーザー式は大きくて重たくて高価だけど業務用では圧倒的に多くを支配しています。家庭向けとして普及しているインクジェット式はレーザー式に比べて小型安価が特徴ですが、それ以外にインクを直接微粒子にして吹き付けてるために色の再現性もレーザー式に比べて高くなっています。

けどインクジェット式は印刷速度がレーザー式に比べて遅いこと、そして耐久性や1枚あたりの印刷コストが割高になりやすいデメリットもあります。印刷枚数は少数枚だとプリンター本体の価格やインク代などを考慮するとインクジェット式が優位ですが、何千枚とやってるとトータルコストでレーザー式が優位に逆転します。なので大量印刷の場合だとレーザー式が優れることになります。業務用でレーザー式が主流なのは大量印刷をすること、そして印刷スピードと耐久性が求められる結果だからです。またインクジェットとレーザーのプリンターはそれぞれ印刷する紙の質にも影響を及ぼします。レーザー式は普通紙でも難なくインクが滲むことなく印刷できますが、インクジェット式では普通紙だとインクが滲む場合もあります。そのためインクジェットプリンターで使用する用紙はインクジェット用が基本となります。

さらに注意しなければならないこととしてインクの存在があります。インクでは染料と顔料の2種類が市販で売られています。この染料と顔料はいずれもインクジェット用のインクであり、レーザープリンターはこれとは全く関係ないのが使用されています。インクジェットプリンターで使用する顔料インクは紙の表面にインクを吹き付けるのに対して染料インクは紙にしここませる形で印刷していきます。そのため顔料インクは染料インクに対して速乾性がはやいこと、紙が滲みにくい点で評価されます。しかし顔料インクは長らく印刷していないとそれ自体が固形化してインクが出ない原因を誘発するし、それがひどくなるとプリンターのノズル内部も目詰まりして故障の原因となってしまいます。その点で染料インクは速乾性で劣るが、インクのつまりなどがしにくいことで有利になります。

カテゴリー